2015年10月11日

「アタシポンコツアンドロイド」の研究レポート

20150925

 「スターライトステージ」初のイベントが開催されました。このゲームは、ノーマルアイドルだからといって3Dキャラがしょぼくなったりはしませんので(笑)、あまり本腰を入れるつもりはなかったのですが、よりによって、私が最も評価する楽曲である「アタシポンコツアンドロイド」がフィーチャーされています。戦うしかない。逃げたら回り込まれる。(♪Dear Heroes)

 まず、このイベントの流れをまとめておきます。

 LIVEで通常曲をプレイ → 「オトメモリ」というアイテムを回収 → それを使って「アタシポンコツアンドロイド」をプレイ → 以下繰り返し!

 イベント期間中、プレイヤーはイベントポイントを稼いで順位を競います。イベントポイントは、通常曲でも増えるのですが、「アタポン」をプレイしたとき最も多くもらえます。
 また、ポイントを集めることで、イベント専用ストーリーが解放されたり、SR小日向美穂がもらえたりします。
 これ、非常によくできた仕組みです。イベント曲ひとつだけでは、いくらランキングがあるといっても、すぐに飽きてしまいます。他の曲をプレイさせることで、それを防いでいるんですね。
 また、通常曲をプレイすると行動力を消費しますから、期間内にたくさんプレイしようとして回復アイテム、ひいては課金アイテムが活用されていくことになります。ポイントの効率を求めるなら、強いキャラで難易度の高いライブをねじ伏せる必要がありますから、ガシャやコンティニューでの課金も加速しているはずです。見事な集金ぶりですね!
 今回、ランキング報酬となったSRウサミンですが、10万位以内で獲得となっていました。そんなに配るとは良心的だな、と一瞬でも思ってしまった私は甘かった。「スターライトステージ」のヒットは並ではなく、どうやらイベント参加人数も50万以上あったようです。ウサミン星の遠いことと言ったら! 無課金だと、寝ないでプレイし続ける、くらいの気迫がないとたどりつかない順位だったようです。
 しかし、実行ボタンを押し続けるだけの昔のソーシャルゲームならいざ知らず、きちんと音ゲーをクリアしなければならないこのゲーム、イベントは相当しんどいというイメージを持ちました。この負荷が、プレイヤーの離脱を招かなければよいのですが。
 すでに次のイベントも開始していますが、メモとしてこの文を残しておきます。

posted by Dr.K at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック