2015年10月29日

「Nation Blue」の研究レポート

20151019 「スターライトステージ」のせいで、サイバーエージェントの決算が垂直離陸してる! (このゲームを開発したCyGamesは、サイバーエージェントの子会社) もう笑うしかないっすよね、凄すぎて。 

 さて今回は、先日終了したイベントの「Nation Blue」をとりあげます。その流れは、

 LIVEで通常曲をプレイ → 「ネイローズ」というアイテムを回収 → それを使って「Nation Blue」をプレイ

…ということで、以前行われた「アタシポンコツアンドロイド」と同じタイプです。特に好きな曲でもありませんので、本腰を入れるつもりはなかったのですが、ポイント報酬がSR神崎蘭子と知ってはサボれません。魂の導きに従うのみ。

 一方、ランキング報酬となったSR楓ですが、こちらは早々にあきらめました。「アタポン」と同様、10万位以内で獲得となっていましたが、相変わらずイベント参加人数60万超と大盛況で、全く取れる気がしません。もちろん課金によって有利にはなりますが、行動力を回復して連続プレイができるだけの事であり、音ゲー部分のプレイ回数が減らせるわけではありません。なぜ皆こんなにプレイし続けることができるのでしょうか。その勤勉さは恐ろしいばかりです。
 さらに恐ろしいことに、今回はポイント報酬へのハードルも高くなっています。実は、「アタポン」よりもイベントの日数が短くなっていたのです! 終了一日前に、どうにかSR蘭子までたどりつきました。いや〜、きつかった。闇に飲まれよ。
 蘭子を入手した皆さんは、ぜひ一度お気に入りに設定してみてください。トップページでのセリフも良いですし、事務所での「おなかが冷えちゃう〜」の可愛さに悶絶します。

 さて、キュートの「アタポン」、クールの「Nation Blue」ときましたので、次のイベントはパッションとなるはず。アニメで印象的なステージだった「TOKIMEKIエスカレート」を希望したいのですが、果たしてどうなりますか。

posted by Dr.K at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック