2015年11月09日

「LIVE Groove Vocal burst」の研究レポート

20151108 運営においても抜かりのなさを発揮し続けてきた「スターライトステージ」。ここへきて突然ほころびを見せ始めました。

 イベント「LIVE Groove Vocal burst」は、ランダムに選出される3曲を連続でプレイし、さらにアンコール曲をクリアすることでポイントを稼ぐというもの。その名の通り、ボーカルのパラメーターが優遇される仕組みになっています。

 「スターライトステージ」のアイドルには、ボーカル、ダンス、ビジュアルの3つのパラメーターがあります。これまでは、それらの数値にさほど意味はなく、プレイヤーは合計値の高いアイドルを使っていれば問題ありませんでした。
 しかし、今回のイベントではボーカルの数値が重要となり、今までとは異なるアイドルの起用が求められます。十分に活用されていなかったパラメーターにスポットが当たり、ゲームにまた一つ深みが加わる…はずでした。
 今回、テストが不十分だったのか、実際にはそのように計算されておらず、不具合を抱えたままのイベント進行となりました。

 何より問題なのは、プレイが非常にしんどいこと。3曲プレイし、さらにアンコールをクリアするにはまとまった時間が必要です。難易度は選べるのですが、選曲がランダムなため、クリアできない曲が混ざり、リタイアとなるリスクも出てきます。イベントポイントに関わるのはアンコール曲の「夢色ハーモニー」なのですが、今イベントで初登場の曲であり、これだけを繰り返し練習することができません。4曲セットを何周もするしかないのも苦しいです。
 脱落した人がかなり出たのか、前イベントに比べるとランキングがかなり寂しい印象です。参加人数も減っているのではないでしょうか。おそらく今後、同タイプのイベントで「Dance burst」「Visual burst」も開かれるのでしょうが、あまりに時間をとられすぎて支障があるので、私も次からは参加しないかもしれません。
 もう少しゆるやかに運営しないと、プレイヤーも消耗し、ゲームの寿命が縮んでしまいます!

posted by Dr.K at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック