2015年11月15日

いくぜ!「ROCKET LEAGUE」どっかーん!

 「ロケットリーグ」は、PS4用のオンライン対戦ゲーム。海外では、この夏に配信され好評を博している。また、STEAMでPC版も入手できる。
 このゲームが、PS+の今月のフリープレイタイトルとなっていたのでダウンロードしてやってみた。ヒャッハー! こりゃいいや!

Rocketleague

 ゲーム内容:車でサッカー。以上。
 巨大なボールに体当たりをかまし、相手ゴールにぶち込めば勝ち。ゴールすると球が大爆発し、敵味方ともに吹っ飛ぶ景気の良さがたまらん。初心者同士だと、全員が球に向かってわちゃわちゃしており、いかなるゲームよりもリアルに、小学生のサッカーを再現している。
 かといって大味なだけのゲームではなく、上達してくればジャンプやブーストを駆使した空中戦が展開でき、前衛、後衛、キーパーといったポジショニングも出来てくるので、上級者のプレイを観戦すると、一転してプロサッカーのような洗練された競技に感じる。
 初心者は小学生のように無心に球を追い、上級者はストイックに競技する。この間口の広さは予想外で、PS4には「スプラトゥーン」がないが、このゲームがあったか、と感心する次第である。
 対戦のほか、一人プレイ、カスタマイズ、DLCなど内容も充実しており、これが無料とは、PS+太っ腹過ぎやしないかと思うが、ローカライズだけは最低。3ゲームに参加する…2ゲームに参加する…1ゲームに参加する…という意味不明のカウントダウンはどうにかならなかったのか。チャットの短文も誤訳が多いらしい。
 さて、俺はハイエンドゲームでの物理シミュレーションの効能には懐疑的だ。タコ親父やらヤギやら食パンやらを計算して何が面白いんだと思っている。FPSなどで、死体が物理で転がることに喜ぶ奴の神経が知れない。
 だが「ロケットリーグ」は違う。物理がきちんとしていることがゲームの面白さにダイレクトに響いている。車が宙を舞い、巨大なボールが弾む。皆も一緒に爆発しようぜ! どっかーん!

posted by Dr.K at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック