2015年11月23日

世界イカ革命「Splatoon」 その14

 先般のフェスは、海の幸チームに軍配。カリスマ海の幸ガールなどと言われても、イカ戦士ならば当然の肩書としか言いようがない。

Spla1401 今回のお題は、佐賀県とのコラボの一環として選ばれた。佐賀は昨年もロマンシング・佐賀という珍企画をやらかしており、日本のどこにある県かはっきりしないが、今後もがんばっていただきたい。コラボのタイトルが思い出せず、ええと、Sagatoonだったかな、などとうろ覚えで検索したら、海外のアニメ会社に着いてしまったのは内緒である。

●連敗まっしぐら
 最近はデレステやスターライトステージやシンデレラガールズの音ゲーやらで多忙であり、フェスのときくらいしか参戦しない。久々に復帰すると、周囲はランク40以上の猛者ばかりであり、勝てる気配が全くしない。最近発売になった「Splatoon」同梱版WiiUを買った新規ユーザーなどは、惨殺されてハードを売ってしまうのではないかと気がかりだ。

●キンメダイ美術館

Spla1402 新ステージがフェスで使われるという恒例のパターン。展示物が妙にしっかり作りこまれているので、のんびり下見するのもお勧めだ。このステージは回転する高台がポイント。回転に惑わされず狙撃できるチャージャーがいれば、最強の存在となれるだろう。

●そして連勝タイムへ
 日曜朝、早起きして参加してみると、ランク1のプレイヤーとチームになった。ご新規様かなと思ったが、ところがこれが実に強い。新しくアカウントを作った熟練者に違いない。しかも、彼がいるせいか、低ランク帯の相手とマッチングするようになり、昨日が嘘のように連戦連勝となった。なんか悪いねえ、勝たせてもらっちゃって。

posted by Dr.K at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック