2015年12月18日

続「LIVE Groove Vocal burst」の研究レポート

2015120401

 次はダンスかビジュアルか、と思っていたのにボーカルでやり直し。前回不具合があったのでリベンジ、といったところでしょうか。

 イベント「LIVE Groove Vocal burst」は、ランダムに選出される3曲を連続でプレイし、さらにアンコール曲をクリアすることでポイントを稼ぐというもの。
 好きな曲が選べず、連続プレイで縛られてしんどいことから、一部では「スターライトステージ」きってのクソイベとまで呼ばれていましたが、やってみたところ、お見事、リベンジ成功のようです。

 まず、曲が選べないという問題が解消。前回のLive Grooveでは、「あんずのうた」を筆頭とする難曲が出てしまうともうクリアできない、と一部のユーザーが不満を募らせましたが、今回からはマニーを消費して曲を選びなおすことが可能となりました。
 おかげで私も、PRO以上の難易度でこのイベントにのぞむことができています。ここまでのプレイでSRアイドルも増えてきたため、センターに特技発揮率の上がるアイドルを置き、脇を回復技のあるアイドルで固める、対持久戦ユニットを結成。これによりクリアを盤石なものとしてポイントを稼ぎます。なんだこの戦略ゲーム(笑)
 次に、アンコール曲の「流れ星キセキ」が良い。アニメの最終回に使われた印象的な曲で、この曲のためならがんばれます。さらに、これは間接的な効果ですが、前回のLive Grooveの頃よりも総曲数がかなり増えたため、同じ曲を何度もプレイさせられることが減り、ストレスが軽くなった気がします。

2015120402

 というわけで、1万ポイント報酬のSR琴歌も無事獲得。このイラストはモバマスからの使いまわしらしいのですが、一体何がどうなってこんな状況になったのでしょうか。「スターライトステージ」で背景が描き足され、グランドキャニオンがより壮大になったので、琴歌の恐怖も気の毒なことに2倍増しです。

posted by Dr.K at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック