2016年01月17日

「オーディンスフィア レイヴスラシル」は決して高価くない その1

 「オーディンスフィア レイヴスラシル」を楽しんでいる。ネットで見る限り、評判も良いようだが、一つだけ言われているのが、価格の高価さ。PS2「オーディンスフィア」のリメイクなのに、フルプライスなのはいかがなものか、との意見である。

Osl01 だが、プレイしてみれば理由は分かる。システムに大幅な改修が加えられ、ゲーム感覚はもはや別物。成長もしやすく、便利な技も増え、難易度も大幅に下がっている。PS2版の思い出のほとんどが、ボス戦の苦闘だった私にしてみれば、ありがたい限り。
 また、ステージの種類が増え、新規背景も追加。中ボスも新たなものが追加されている。PS2版での、道中の単調さが嘘のようなバラエティぶりである。
 全体に手がかかっており、これならフルプライスも納得である。

 ちなみに、唯一元のままなのがストーリーだが、私の場合、ゲームに苦労しすぎたせいか、ボス戦の記憶ばかりが鮮明であり、ストーリーを大部分忘れていた。そのため、まるっきり新作のように楽しめていてますますお得である。

posted by Dr.K at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック