2016年01月24日

世界イカ革命「Splatoon」 その16

Spla16 さあ、フェスだ! と意気込んでインしてみると、サーバーが不調なのかつながらない。そのまま4時間ほど対戦できなかった。フェス始まって以来の大惨事である。

●ショッツル鉱山
 今回のフェスでは、新ステージが2つも加わっている。
 ショッツル鉱山は、ベルトコンベアーのギミックが特徴となるステージだが、それ以上に、敵味方のスタート地点が近いのがヤバい。始まるやいなやマップ中央で殺し合いになる。ナワバリバトルとしては左右の端にあるスペースが勝敗を分けるので、激戦地を逃れて塗りまくるのも立派な作戦だ。

●アンチョビットゲームズ
 フィンを撃つことで地形が動く、トリッキーなステージ。
 鉱山とは正反対で、敵陣へは高低差で侵入できない地形になっており、ギミックを活用して初めて通れるようになっている。地形と一緒に動く敵はかなり厄介で、どこから敵が来るのか、慣れるまでは判断が難しい。

●イカラジオ
 amiiboのイカを買ったので、ミニゲーム「イカラジオ」が手に入った。マッチングでメンバーが揃うまでの間、のんびりと「シオカラ節」を聞くことができ、待ち時間が苦にならないのは大きい。

●真の勝者
 ホタル擁するカンペキな頭脳チームは、多数派にも関わらず、勝率が低く敗北となった。だが、カンペキな体チームと急遽和解した。すべての武器とステージが配信された今、「Splatoon」は最終形態へ進化した。我々に今、最も必要なものは、カンペキなサーバーだったのだ。

posted by Dr.K at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック