2016年10月28日

このゲーム、まるでのり弁 「よるのないくに」

 「よるのないくに」は、ガストお得意の3D美少女キャラが百合百合しく活躍するARPG。年末には「2」も予定されており、〜のアトリエに続く新しいシリーズものと位置づけられている。

Ynk01

 このゲームの作りは、言うなればのり弁方式。スーパーののり弁は、揚げ物いっぱいでボリュームがあるのに低コスト。まさにそんな感じなのだ。
 世界を救うというRPGらしい大義を掲げながら、実際には一つの市街を探索するだけ。なので、世界観に国境をまたぐような変化はなく、ステージは小規模で済まされる。ゲーム内容は、短い時間でステージを踏破し、大量のアイテムを収穫するというもの。古くは「Diablo」、少し前だと「ドラゴンズクラウン」あたりをシングルプレイしている感じだ。
 主人公アーナスは魔物を狩り、その血を集めてレベルアップする。この儀式で無駄に下着姿を披露しなければいけないあたりが安っぽい。多様なスキルがあり、どれから習得するか迷うが、難度が低めなので適当で良いらしい。
 道中では従魔と呼ばれるお供を連れていくが、ザコ敵とCGが兼用のため、戦闘中非常に紛らわしい。どの従魔をどう育成するか、バリエーションは膨大だが、これまた難度が低いため、あまり緻密に考えなくてもよいのでもったいない。
 メインシナリオ以外に、各種サブシナリオが存在するが、体のいいステージ使いまわしで、あまり面白くない。サブシナリオの中に昼間行動という項目があり、夜の探索ばかりのこのゲームでは一瞬おっと思う。ところが実際はステージどころかイベント絵すら存在せず、文章で結果が表示されるのみという省エネ仕様。
 交易でアイテムを得るというシステムも同様。世界地図が現実と同じで一瞬わくわくするが、地域を選んでしばらく待ったらアイテムが出るだけ。これではお店と変わらない。「龍が如く」に似たようなシステムがあったが、あっちは曲がりなりにも旅の様子を報告してくれたのに。

Ynk02

 総じて、デザインのコストを抑えており、反面、覚えきれないほどのシステムを詰め込んでボリューム感を出している。これがのり弁方式の所以だ。ガストらしい方向性だが、システムに必然性が乏しいのでどうもぱっとしない。肝心のストーリーも、見せ方が安っぽく先行き不安である。画像は、その安っぽさを象徴する演技の有角とロイド。

posted by Dr.K at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック