2016年12月25日

珍品堂が勧める2016年のTVドラマベスト3

 大河ドラマ「真田丸」、最後までダレることなく楽しむことが出来ました。また、「水族館ガール」や、「運命に、似た恋」も良かったです。視聴率では全く話題になりませんが、個人的にはNHKが圧勝の年となりました。

第3位 トットてれび
 黒柳徹子を主人公に、テレビ放送の歴史を振り返るドラマ。徹子役の満島ひかりが驚くべき憑依演技で、それだけでも見る価値がありました。昔の名優の姿を現在の俳優で再現するのがいちいち面白いのですが、だいたいは故人なのでなんだかしんみりしてしまいます。

第2位 重版出来!
 黒木華がイメージを覆し、体育会系の女子をコミカルに演じました。物語も業界ものとして手堅い出来。ドラマ内で作られる架空のマンガが、いちいちプロの手で描かれ公式サイトに載っているこだわりもグッドです。それにしても黒木華、大河に映画に、今年は大車輪ですが、変幻自在の演技力には本当に感心します。

smoribito.jpg第1位 精霊の守り人
 日本のテレビドラマで、ファンタジー大作をやろうなんて無謀でしょ。でもこれはやってくれました。ロケ地がいいのか、映画に匹敵する映像美を実現できています。キャストはドラマならお馴染みの面々なのですが、それぞれにいい味を出しています。年明けに放送予定の新シリーズも期待大、です。
posted by Dr.K at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445207113
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック