2017年02月07日

憎いほどの貫禄 「Gravity Daze 2」その2

 「グラビティデイズ2」をプレイした皆さんは気づいただろうか。キトゥンちゃんのかわいさの質が変化していることに。

 キトゥンのキャラクターは独特である。まず外見は、アメコミに登場する悪役のよう。そして、コミックスタイルのデモは、メビウスのバンドデシネを彷彿とさせる。海外でうけることを意識したクールかつスタイリッシュなデザインと言える。ところが、彼女の性格付けは、日本の庶民キャラそのもので、ここにギャップが生まれている。
 前作でのキトゥンの行動は天然そのもので、ユーザーの間でそのかわいさが評判になったことは、開発側にとっても想定外だったのではなかろうか。

 それが「2」ではどうなったか。
gd202a.jpg
 相変わらずクッソかわいいのだが、明らかに開発側が自覚的であり、かわいさをアピールする作りになっている。前作の天然から、小悪魔的な位置へ昇格しており、手に負えない。
gd202b.jpg
 ヴォゴのオッサンも、こんな奴が敵ではさぞやりにくかろう。心から同情申し上げる。
posted by Dr.K at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446725841
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック