2017年02月21日

ドント・ブリーズ

 主人公は、空き巣に手を染めている若者3人。次の標的となる屋敷は、盲目の老人が一人で住んでいる。盗みは楽勝かと思われたが、この老人が元軍人で事態は一変。彼らは生きて逃げられるのか。

 このような、アイデアが目を引くホラー映画は要注意だ。勢いで撮って完成度が低いものがけっこうあるからだ。だが、「ドント・ブリーズ」は心配ご無用。よく出来ていて感心しきりだ。文句があるとすれば、よく出来過ぎていて、映画の枠をはみ出すような恐怖がないということくらいだ。
 観客の反応が、この映画の質を雄弁に物語る。休日の映画館は、カップルも多く、親子連れさえいて盛況だった。では上映中、館内は悲鳴に包まれたか。そんなことは全くなかった。この映画、化物も出なければ、グロい死に様も控えめで、絶叫ポイントには乏しいのである。逆に館内は、水をうったような静寂ぶりであった。主人公たちが息をひそめて老人から隠れるとき、観客もまた息を殺して注視する。そんな緊張感が館内を支配し、独特の一体感を生んでいたのである。家で一人で観たのではこうはならない。貴重な経験をさせてもらった。
 これは映画が観客の心理を見事に操っている証左で、カメラワーク、小道具、タイミングのいずれもが的確に決まっていればこその結果と言える。屋敷という限られた舞台を生かした作りは、ゲームのステージ作りにも大いに参考になりそうな気がする。

 個人的には、これで終わり、今度こそ終わり、と思わせつつなかなか終わらないので、終盤だれてしまったのが残念。まあこれはホラーのお約束みたいなものだが。なお、日本人からすると、主人公は共感できない犯罪者たちだが、デトロイトの低所得層という設定は超リアルで、アメリカ人が見るとだいぶ違うのかもしれないな。

ヒロインのしぶとさ 8
老人のしぶとさ 10
エンターテインメント性 7
個人的総合 6
posted by Dr.K at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック