2017年03月17日

自由すぎるゼルダ 「ブレス オブ ザ ワイルド」その2

 今度の「ゼルダ」では、各地に祠が点在しています。祠では、試練と呼ばれる短い謎解き(ところにより戦闘)があり、クリアすると守護者から「克服の証」がもらえます。
zbow021.jpg
守護者の姿はどう見ても即身仏。ゲームとしては異質なビジュアルであり、インパクトがあります。ゲーム中には祠がたくさんあるので、それだけの人数が成仏しているとなると、ちょっとぞっとしますね。
 さて、自由すぎると評判の「ブレス オブ ワイルド」ですが、まさか謎解きまで自由とは思いませんでした

zbow022.jpg
 こちらは、「ミャマ・ガナの祠」の謎解きです。パッドのジャイロを使って迷路を傾け、球を転がして指定の場所まで運べばクリアとなります。
 なるほどなるほど。目的はすぐわかったので、まずは普通にクリアしようとしました。ところがこれ、傾ける加減が結構厳しくて、すぐ球を落としちゃうんですね。失敗した場合、新たな球が補充されるので再挑戦です。
 何度か失敗していると、迷路の向きがずれたのか、補充された球が、どこにも行けない袋小路に入ってしまいました。このままでは進めません。パッドを大きく傾けてみます。球が壁を乗り越え、無事に本来の通路に乗りました。
 そこでピンときた。これ、迷路をショートカットできるんじゃね? 大胆にパッドを動かすと、球は壁をどんどん越えます。しかし、勢いが付きすぎるので、すぐに場外へ落下し、思うようには行きません。
 この方法で何度か失敗していると、あるとき、新しい球が出現しなくなりました。やっちゃった。これはバグ? どこか見えない所に球が引っかかってしまったのかも。
 祠を出ればリセットされるだろう、と帰ろうとすると、なんと、その途中の道に球が落ちているではありませんか。狙って飛ばせる位置じゃないので、ラッキーです。自ら球を押して、指定の場所まで転がしてクリアとなりました。こんなのあり? ありなんです。
 ネットを調べると、他にも様々な邪道謎解きが披露されていますね。底知れぬ自由度に脱帽です。
posted by Dr.K at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック