2017年03月25日

自由すぎるゼルダ 「ブレス オブ ザ ワイルド」その3

●自由すぎて自業自得
 人によって進め方は異なりますが、今のところ素直にカカリコ村→ハテノ村→ゾーラの里、と移動しています。
 カカリコ村への道中では、間に双子山がそびえています。山間の川沿いに進むのが正規のルートなのですが、要所要所でボコブリンが監視しています。ザコのくせに結構いい武器を持っており、シャツを着ただけのリンクは一撃で死にます。
 ならば戦うのはやめましょう!
 このゲームに行けない場所はない! 街道を避け、峻険な山を越えることにしました。ボコブリンの目は避けられましたが、代わりに、ガーディアンやらイワロックやら、でかい奴と遭遇。武器もろくにないので、逃げるのみです。だいぶ迷いましたがどうにか村に到着です。
 続くゾーラの里への道では、リザルフォスが配置されています。ボコブリンより上位の敵であり、かなうわけがありません。不戦プレイが続きます。走って逃げて道を見失って、を繰り返しながらの到着となりました。ですが、ここでいよいよ神獣の話が始まります。避けられぬボスとの戦いが近づいているようです。
zbow031.jpg
 王子、無理です。

●自由すぎて至福の寄り道
 ここに至って、もっと自分を鍛えねば、ということでワープを駆使して方々に寄り道を始めました。すると気が付く、圧倒的な作り込み。
 祠、すごい。謎解きも工夫されているのですが、祠にたどり着く過程も一様ではなく、ゲームになっています。
 コログの実集め、すごい。オープンワールドでアイテム集めなんて、ありきたりですが、コログの実は、怪しいものを発見してアクションを起こさなければ得られません。設置する側の作業を想像すると恐ろしいです。職場の同僚がポックリンに会い損ねており、実の使い道を知らぬままゲームを進めていたのには驚きました(笑)
 そしてサブチャレンジの数々、すごい。
 一般に、オープンワールドのゲームでは、クリアに必須のミッションと、それ以外のサブミッションから成っています。それにより、サブなら無視しても良い、どこから遊んでも良い、という自由度が生まれます。しかし、サブミッションを開始すると、クリアするかリタイアするまでは、他のミッションはプレイできない、という排他的な作りのものが多かったのです。
 ところが、「ブレスオブザワイルド」のサブチャレンジは、数多くのチャレンジを並行して受けることができ、途中で放り出すこともできます。次にやることを強制されない、破格の自由度があるのです。ゲームの整合性を保つのは大変だったのではないかと想像しますが、おかげで寄り道が楽しくなって仕方ありません。

 放浪の結果、装備が良くなり、プレイもうまくなって、正面切って戦える場面も増えてきました。この調子ならボス戦行っても大丈夫かな。
zbow032.jpg
うわあ。まだ無理だったみたい。
posted by Dr.K at 18:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
時間によって生活する人々とサブチャレンジのつくりは個人的には
やや「ゼノブレイド」に似ているかなぁと感じています。
一時期モノリスソフトの面々も制作に携わっていたようなので
そこらへんを協力したのかなと妄想しています。



・・・なお、ライネルは数カ所にいますが
未だに私も倒した事ありません。

Posted by torotoro at 2017年03月26日 11:04
いらっしゃいませ。
そちらもゼルダ楽しんでいるようで。

ゼノブレイドクロスも大変な登山ゲーだと聞いていますので、モノリスの特技がうまく生きているのかもしれませんね!
Posted by Dr.K at 2017年03月26日 22:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック