2017年06月04日

「進撃の巨人」35 子供達

singeki351.jpg


 えっえっ、何これ?
 予想しなかったタイミングで、単行本未収録の最新のエピソードが使われて驚いた。ユミルの生い立ちをここに突っ込んだか、うまい! ユミルとクリスタがクローズアップされ過ぎて、エレンもミカサもすっかり影がうすい(笑)
 この回想、初見の人にとっては超展開ギリギリの内容となるため、話を追うだけでせいいっぱいだったかもしれない。一方、原作既読組は、謎解きの数々が背景で明かされているため、すべてを明かす話のときどのような見せ方をするのか、気になって仕方ない。しかも今期でそこまで話を進めるのは到底無理。ここはもう何としても3期4期と続けていただかねば。

 原作通りの順番で展開するという原則は今回で破られた。残りの回、アニメの視聴がますます楽しみになってきた。
posted by Dr.K at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック