2017年06月24日

「Horizon Zero Dawn」その4 フォーカスで名探偵

 オープンワールドらしく、プレイ中は多様なクエストに遭遇する。中でも楽しいのが、行方不明者の捜索や、事件の捜査といった探偵紛いの仕事だ。

hzd041.jpg
 それもこれも、高性能ウェアラブルデバイスの〈フォーカス〉のおかげ。フォーカスは、機械獣の解析や、失われた文明の機器を感知するのに使えるのだが、それらに加えて、足跡などの痕跡を視覚化することができるのだ。これはもう探偵としてはチート級。AR的な視覚表現も斬新で面白い。後を追うのに夢中になって、機械獣の縄張りに不用意に足を踏み入れるところまでがお決まりのパターン。
 新たな世界観のオープンワールドを作っただけでも大したものなのに、こんな尖った遊びまで実現するのは凄い! と思っていたら、この追跡システム、「ホライゾン」発祥のものではないらしい。
witcher3.jpg
「Witcher3」の〈ウィッチャーの感覚〉が、ほぼ同じものなのだそうだ。海外のオープンワールドは深化しているなあ。いつまでも「グランド・セフト・オート」や「アサシンクリード」しか知らないのではだめだなあ。
posted by Dr.K at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック