2017年07月02日

原田知世「ロマンス」のPVが胸熱

 先日、原田知世が20年ぶりにミュージックステーションに出演し、49歳とは思えぬ麗しさが話題になりました。
 今回の出演は、デビュー35周年を記念して発売される、「音楽と私」のプロモーションのためと思われます。「音楽と私」は、セルフカバー作品を集めたアルバムとのことで、YouTubeにPVが上がっています。


 これは凄い! すっかり胸が熱くなりました。
 若い人にはどういうことかさっぱりわからないでしょうね。中田ヤスタカプロデュースのPVみたいに、バリバリに編集加工されてカッチョイイ映像じゃないですし。
 この凄味は、オリジナルと比べるとわかります。


 セルフカバーなので歌が同じなのは当たり前ですが、見ての通り、PVも昔のものをオマージュしているわけです。自転車、電車、海、といった同じモチーフが使われています。
 しかし、映像の印象はかなり異なります。オリジナル版は、海外のスタッフにより海外で作られており、キラキラとカラフルです。当時、原田知世は29歳。元アイドルからアーティストへと脱却するための、力みのようなものが残っています。
 ところが、新しい方はどうでしょう。白い服に黒い髪というモノトーンの出で立ち、場所も国内のよく知られたロケ地で、地味ですがとても自然体。むしろこちらの方が完成度が高いのでは、と思うのですが、20年経ってそんなことができる歌手がそうそういるとは思えません。
 原田知世は本当に時をかけています。凄い。
posted by Dr.K at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック