2017年07月31日

「Horizon Zero Dawn」その6 見事な結末

hzd063.jpg
 トールネックの上から眺める夕日は最高だ。

 「Horizon Zero Dawn」をようやくクリアした。オープンワールドのゲームは、自由度がある分、完成度の面で荒くなる傾向があるが、本作は隅々まで見事に仕上がっており、快適に楽しむことができた。

注:以下に結末を含むネタバレあり

●仲間たち
 ラストミッションで、自陣を視察すると、驚いたことにサブストーリーで会った人々が駆けつけている。嬉しいけれど、まるで日本のアニメのような展開でちょっと意外だった。メインだけで進めていたらだいぶ寂しいことになりそう。

●総力戦
 ハデス率いる機械獣軍団とのバトル。多数の敵が攻めてくるが、こちらはオセラムの大砲があるので、難易度としては大したことない。これまでにボスとして対峙した巨大な敵が、平然と複数で登場し、技術力を見せつけてくる。

●最終戦
 そして最後は、導きの塔でのデスブリンガー戦。途中で追加される禍ツ機に苦戦するが、どうにか倒す。熱暴走でPS4が落ちるというアクシデントがあったものの、倒した後からのスタートとなり助かった(笑)

●エンドロール
hzd061.jpg
 スペシャルサンクスに小島秀夫を発見。小島プロの新作では、このゲリラゲームズとエンジンを共同開発するらしいので、その関係だろうか。あるいは、ステルス重視のゲーム内容なので、何かアドバイスをもらったのかも。
 それにしても長い。ひょっとすると過去最長のエンドロールではなかろうか。常時「Skip」が表示されているのも納得。

●鉄の花
hzd062.jpg
 謎の収集物だった〈鉄の花〉だが、エンディングでその由来がほのめかされる。
 どうやらエリザベト・ソベック博士への手向けのようなものらしい。プロジェクト・ゼロ・ドーンの中に、詩を好むスタッフがいたと思うので、それを受け継いだAIの仕業と思われる。

●見事なストーリーテリング
 ゲームもよく出来ているが、ストーリーがさらに素晴らしい
 各地に過去の文明の遺跡があり、それを探索することで人類滅亡までの真実が徐々に浮かび上がっていく。オープンワールドをうまく活用し、非常に効果的だった。また、過去の話であるプロジェクト・ゼロ・ドーンについて、個々の人物がしっかり掘り下げて描かれるのに感心した。
 アーロイの出自から、文明が滅亡した理由に至るまで、すべてが出し惜しみなく語りつくされており、SF小説を読み終えたような充足感があった。あまりに満足なので、DLCや続編で余計なことをしないかだけが心配である。

posted by Dr.K at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック