2017年08月16日

「勇者死す。」葬式2〜4回目

yusyasisu021.jpg
 何周かプレイして、だいぶ要領がわかってきた。移動も戦闘も効率が良くなり、死ぬまでにできることも増えてきた。しかし、まだまだ真のエンディング(?)にはほど遠い。

 依頼の内容が巧みに重なっており、同時に達成することが困難になっているのだ。
 例えばメリーアンの依頼。街を魔法で復興するために、炎・水・風のオーブを集めろというもの。風のオーブはリューの依頼を達成するのに必要なアイテムなので、選択を迫られる。炎のオーブは、ナオミの依頼を達成すると、商人に売ってしまったことがわかる。そこで商人のビビから買い戻すのだが、これにお金を使ってしまうと、サラの依頼である大聖堂再建への寄付金がつらくなるという塩梅。
 もつれた達成条件を解きほぐしていくプレイは、パズルさながらである。しかも、一度達成した依頼は、次の周から〈さらなる依頼〉としてクリア条件が変わる。思ったよりやり込みを要求されるゲームだ。

 魔王城に魔王がいる条件とか、天使からの「愛する人は見つかりましたか?」に「はい」と答えたらどうなるのかとか、いまだに謎は多い。
posted by Dr.K at 17:33| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: