2017年10月01日

「アンチャーテッド 古代神の秘宝」その1

kodaisin102.jpg
 「アンチャーテッド 古代神の秘宝」をプレイしてウキウキである。これは良いものだ。

●すべてのDLCを越える作品
 もともとは「海賊王と最後の秘宝」の追加DLCとして作られたのがこのゲーム、初回盤のトリプルパックのコードを入力すれば無料で入手できる。
 プレイしてみて驚いた。新主人公、新シナリオ、新ステージ。ゲームシステムこそ変わっていないものの、「海賊王と最後の秘宝」の素材を何一つ流用していないのだ。そのうえ、プレイ時間もかなり長い。お得すぎて申し訳なくなる内容だ。
 なお、コードは入力したものの、1年以上前のゲームなんて手放しちゃったぞ、というユーザーに朗報。「古代神の秘宝」は単独で起動できディスクは不要である。

●シリーズの原点に立ち返る作品
 内容も良い。
 「海賊王と最後の秘宝」は、ネイトの最後の冒険となるためか、ドラマが入り組んでおり、ストーリーの比重が重かった。
 「古代神の秘宝」はちょっと違う。主役がクロエに代わって気が楽になったのか、ストーリーがシンプルになり、シリーズの原点となるお宝探しのゲームを素直に楽しむことができる。「バイオハザード」で例えると、「リベレーション」のような一本と言えそうだ。

kodaisin101.jpg
 それにしても、PS4のゲーム内でスマホを操作せねばならんとは。所々で記念写真を撮るんだけど、後でスクリーンショットとしてシェアできたりするのかな?
posted by Dr.K at 23:18| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: