2017年10月08日

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」で快適ゲームライフ

 ミニファミコンは買えなかったが、ミニスーファミは抜かりなくゲット。
 まずは、未発売タイトルの「スターフォックス2」をアンロックしようと、「スターフォックス」を起動してみたら、操作方法選択画面のBGMが懐かしくてもう泣きそうである。

minisufami0.jpg 思い出補正を抜きにしても、素晴らしいハードだ。何しろプレイが快適。スイッチを押せば直ちにメニューが出て、どのゲームからでもプレイでき、好きな時に中断して保存できる。
 最新のゲーム機は起動に時間がかかるようになり、ダウンロードやらアップデートやらでなかなかゲームを始められない。指定のセーブポイントに行かないと保存できないものも多い。一方スマホはというと、やたらと通信が入るので意外とテンポが悪く、習慣的なプレイを強要される点がマイナスである。
 快適さでミニスーファミを上回るゲーム機などほぼないのではないか。
 中身はすべて昔懐かしのゲームだが、ファミコンの時と異なり、ゲーム性も成熟しているので、今プレイしても楽しめるものが多い。ビジュアルに関しては、ドット絵が最高潮の時代なので、ヘタすると今の2Dゲームよりもセンスがいい。
 スーパーファミコンはカセットの値段が高く、当時の子供たちはそういくつもゲームを買うことができなかった。だがミニスーファミなら、RPGの合間に「スト2」や「パネポン」をプレイする、などといった贅沢なローテーションも可能。
 これはもう当分新しいゲーム要らんな、というのが正直なところである。

 なお、写真を見ての通り、パッドの差込口はWiiと同じ。Wiiのクラコンなどはそのまま使うことができる。(ただしゲーム内でアナログスティックは非対応) よって、故障してもクラコンで代用できるし、「スト2」をアーケードスティックで楽しむことも可能だ。私は付属のパッドを開封せず、10年前にクラブニンテンドーでもらった、スーファミ型クラコンで遊んでいる。なんか得した気分だ。

posted by Dr.K at 23:25| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: