2017年10月18日

ミニスーファミで「パネルでポン」

 ミニスーファミを買ってからというもの、あれもこれもと収録タイトルをやり散らかしている。今のところ、最もプレイしているのが「パネルでポン」だ。

panepon.jpg
 この結果は我ながら意外だった。何しろ昔は完全にスルーしていたゲーム。スーパーファミコンの末期に発売されたタイトルであり、私の興味はセガサターンやプレイステーションに移っていたのだから無理もない。
 結果、ミニスーファミになって初めてプレイすることになったのだが、実によく出来ている。入口がシンプルで、高度なテクニックが控えているという理想的な作り。しかも、ミニスーファミではどこでもセーブができるので、高難度のステージのみを繰り返し挑戦することができる。中毒性がますますアップしてしまう。
 妖精のキャラクターも独特でいい感じ。後続の作品では、ヨッシーやらポケモンやら、有名キャラが起用されているそうでちょっと残念。
posted by Dr.K at 23:47| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: