2017年10月21日

ブレードランナー

 公開迫る「ブレードランナー2049」。「ロボコップ」や「トータル・リコール」のようなリメイク作品かと思い込んでいたのだが、実は続編であると知り、おさらいのため旧作を観ることにした。

●実はそれほど未来ではない
 冒頭、「ロサンゼルス、2019」。再来年じゃないか、おい。この頃、レプリカントと呼ばれる人工生命が作られ、奴隷として使われていた。反逆、脱走したレプリカントを捕えるのがブレードランナーだ。

●実はアクション映画ではない
 人間VSレプリカントとなれば、激しい戦いが期待できそうなもの。確かに、作中のレプリカントは人間を超える身体能力を発揮する。しかし、印象に残るのはもの悲しさ。古びた写真に象徴される記憶や、全編にわたって降り続ける雨もあって、非常に情緒的な印象を与える映画だ。手塚治虫のSF作品にどこか通じるところがある。

●実は凄腕ではない
 主人公のデッカードは、凄腕のブレードランナーとして、今回のレプリカント狩りを依頼される。演じるのは若き日のハリソン・フォード。しかし、「インディー・ジョーンズ」のような痛快アクションは見せない。
 とにかく悪戦苦闘が続くのだ。ターゲットを見失いそうになるし、殺されそうになるし、最後の戦いでは全く優勢な場面がない。主人公でありながら、レプリカント側とは異なる非力さを感じさせる。
 そして結末では意味深な謎を残すのだ。

 この続きが明らかになって、面白いのかがっかりするのか。「2049」はぜひ観ようと思う。

世界観 9
アクション度 5
レトロ感 8
個人的総合 6
posted by Dr.K at 16:33| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: