2017年11月27日

「Trinity Field」の研究レポート

trif1.jpg
 2周年も済んで、平常運転に戻った「デレステ」。先日のイベント曲「Trinity Field」では、3Dリッチモードの演出が極まっており見ごたえ充分です。しかし、見ごたえ充分ということは、それだけ負荷も大きくなっているわけで、私のスマホでは処理落ちが発生してしまいます。音ゲーとしては致命的であり、プレイに際しては3D標準モードに下げざるを得ません。う〜、残念。画面のシーン、ただの三角板になっちゃうんですよ〜

 さて、このイベントに先立ち、アップデートが実施され、新たに2Dリッチモードが実装されました。は? 何それ?
trif2.jpg
ひゃああああ、しゅごいいい。もともとは、3Dが厳しいという古いスマホのために、軽量モードとして用意されていたのが2Dモード。こんなにバリバリ動いては何のための2Dかわかりません。しかしながら、キャスト固定だけあってPVとして完成度が高いですし、どうやらちゃんと軽いようです。今のところ対応曲が2つしかないのですが、他の曲も見てみたくなりますね。全く予想しなかった方向のアップデートで、嬉しいサプライズでした。
posted by Dr.K at 21:12| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: