2017年12月30日

珍品堂が勧める2017年のTVドラマベスト3

 「精霊の守り人」と「奥様は、取り扱い注意」が、とても同じ人の主演とは思えません。俳優を生かすも殺すも、作品次第ということがよ〜くわかりました。今年は、冬休みに入ってから録画してあった各ドラマの最終回を見た結果、順位がかなり入れ替わりました。

3位 陸王
 池井戸潤原作のドラマは、なぜこうもベッタベタなのでしょうか。大仰な演技と臭い歌に辟易しつつも、結局感動させられちゃうんですよね。意外性などかけらもありませんが、ハッピーエンドこそ王道だと主張するような最終回でした。

2位 ツバキ文具店
 一方こちらは、代書屋の主人公を通して、人間関係の機微をそれはもう丁寧に描いたドラマです。舞台の鎌倉も地味なら主演の多部未華子も地味。毎回しみじみとした感慨をもたらしてくれるこの作品は、派手さや過激さで視聴率を稼いでいる民放のドラマとは一線を画しています。さすがNHK。

1位 セトウツミ
 大阪の高校生をダベらせればそれだけでおかしい、というダウナーな日常系作品。流し見に向いた気楽なドラマだな、と思っていたのですが、ラスト2話で衝撃の展開が待っていました。原作未読ということもあり、完璧にやられました。これは素晴らしい。日常系のままで終わっていた映画版とは別の価値があります。
setoutumidvd.jpg

posted by Dr.K at 00:04| Comment(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: