2018年01月11日

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

 えらいこっちゃ。
 EP7「フォースの覚醒」は、新三部作の幕開けではあったものの、旧シリーズのキャラに頼った物語だった。ところがEP8「最後のジェダイ」は一転、過去作の残滓を破壊しにかかる。

注:以下にネタバレを含む

 レイはルークにライトセイバーを差し出す。伝説のジェダイとついに対面、そして前作のラストから直結した場面である。誰が予想しただろうか、直後にライトセイバーが捨てられるとは。ルークは技を伝承せず、ジェダイを終わらそうとする。
 この映画、ジェダイ以外にも色々なものを終わらせにかかる。
 例えばカイロ・レン。スノークになじられてマスクを捨てる。ダース・ベイダーとの決別だ。
 レジスタンスはファースト・オーダー相手に、絶望的な撤退戦を強いられる。ところが対するファースト・オーダーも盤石にはほど遠い。スノークがあっさり倒され、レンが指導者に就くが、将軍は面従腹背の面持ちだ。共和国対帝国というような、はっきりした二大勢力の枠組みは、どんどん解体されていく。
 レイはジェダイとしての訓練もそこそこに、フォースを自在に使いこなす。フォースを用いた遠隔コミュニケーションでカイロ・レンと通じ、互いに自分の側に引き込もうとする。出る幕がなくなったルークは退場する。
 ここから先、何が起こっても不思議ではない、荒野が残った。

 私がスター・ウォーズに求めるのは、意匠の凝らされた創造物だ。惑星ごとに際立った特徴のある風景、奇怪だが愛嬌のあるエイリアンやクリーチャー、そしてかっこいいメカである。それらに関しては今回は残念な出来だった。カジノの風景は凡庸だったし、キツネはどこかで見たような姿だったし、メカは全体にパッとしなかった。
 見た目にもストーリーにも、夢とロマンが不足している。ルーカスのような思い入れが、今のスタッフにはないように見えてならない。荒野から新しい何かが生まれるであろう次回に、わずかな期待を託すしかない。

意外性 9
納得度 4
無駄死に度 10
個人的総合 6

〈他の方のEP8評〉
島国大和のド畜生:確かにとっ散らかり過ぎだ〜
忍之閻魔帳:貴重な高評価レビュー

posted by Dr.K at 23:32| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: