2018年02月04日

フォトスタジオの研究レポート

 正月のスペシャルガシャセットでは、期限ぎりぎりまで迷ったあげく、大槻唯をお迎えしました。
yuiO.jpg
これにより、「Radio Happy」MVのハッピー度が5倍向上(当社比)。ホーム画面のセリフも素晴らしく、「デレステ」継続のモチベーションが大幅に回復しました。

 一方、時を同じくして、新機能フォトスタジオが出現しました。
photoorder.jpg 今まで、「デレステ」のスクリーンショットを撮るのは、各自のスマホの機能を使っていたのですが、ゲーム内に撮影機能がついたわけです。
 これがまあ感心する作り込みで。
 ポーズをつけて、回転して、拡大縮小して。背景を単色にすることもできますので、今後はコラ画像や動画合成がどんどん流行るでしょう。ただ、これら機能性のみを追求すると、無味乾燥なCGツールみたいになってしまい、イマイチです。
 そこで「デレステ」は、あくまでもこれはアイドルの撮影会であるという体をとります。オーダーとしてリクエストすると、「はい」と返事してポーズをとる。動作を一時停止する機能はなく、シャッターチャンスはあくまでプレイヤーがとらえなければなりません。
 このような細やかな作りにより、CGというモノではなく、人格をもったキャラとして大事に扱っていることが伝わるのです。儲かるコラボのためなら世界観なんかどうでもいい、という他のスマホゲームとは対極にある、筋の通った制作姿勢と言えるでしょう。

 さて、それでは私もさっそく唯ちゃんの写真集を作ることにいそしみますかね。
posted by Dr.K at 16:51| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: