2018年03月18日

「BG 身辺警護人」は薄〜いドラマ

 ドラマ「BG 身辺警護人」を最終回まで視聴。驚くほど中身が薄く、来週には忘れてしまいそうな勢いだ。

 どう見ても原因は主演俳優。キムタク一人をかっこよく見せようとして、内容が歪になっている
 題材はなかなか興味深い。民間のボディガードVS警視庁のSPという構図。島崎(木村拓哉)が所属するのは民間の警備会社なので、権力もなければ銃も携行できない。そんな中で、いかにして任務を遂行するのかという内容だ。ところがこれが盛り上がらない。
 SPの落合(江口洋介)は、島崎たちに冷たく当たる。ここで、お互いがライバルとして争えば面白いのだが、キムタク補正で毎回出し抜かれる展開なので、ただのマヌケにしか見えないのだ。最終回でいいところを見せても、それまでが悪すぎる。江口にとって損な役となってしまった。
 もう一つのテーマはチームの成長。島崎が雇われた身辺警護課は新しく発足した部署で、メンバーは寄せ集めである。最終回では、お互いを信頼し、チームワークが生まれるという王道の結末に至った。
 この結末がとってつけたようにしか見えないのは、キムタク以外のキャストの描写がぞんざいだからである。村田課長(上川隆也)は、事件の犠牲になることでチームの結束の礎となったのでまだまし。高梨(斎藤工)はつっかかるばかりだし、菅沼(菜々緒)は初歩的なミスが多い。こういうチームを扱ったドラマでは、脇役のメイン回を作って、キャラの背景を掘り下げたり、変化のきっかけを作ったりするものだが、「BG」は全話がキムタクメインなのでそれができないのだ。「誤差なし」を流行らそうと、何度も使ってる場合か。最終回で急に有能設定にされても納得できるわけがない。

 島崎の元妻役に山口智子を出したり、最終回の警備対象が矢沢永吉(本人)だったりと、キャスティングは目を見張るものがあるが、そんなことを喜べるのは中身が伴ってこそ。空疎な豪華さに、白々しいものを感じてしまった。
posted by Dr.K at 22:14| Comment(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: