2018年04月07日

高畑勲監督の訃報に思うこと

 高畑勲監督が逝去。82歳だそうである。こうしてジブリも過去のものになっていくんだなあ、と本当に寂しい気持ちになる。片渕須直が「この世界の片隅に」をヒットさせたことで、路線の後継者を見届けることができたのだけは良かったと言えるかもしれない。

 テレビでは、追悼として「火垂るの墓」を放送するそうだが、いやいや、ただでさえ落ち込んでいるときに勘弁してほしい。せめて明るい「ぽんぽこ」にしてはどうか。どうせなら、最新作の「かぐや姫」を希望したい。天人の音楽で監督を送り出すというのもいいかもしれない。
posted by Dr.K at 22:03| Comment(0) | 講師の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: