2018年04月20日

「ドラゴンクエストXI」その4 ヨッチ族を悼む

dq11041.jpg
 「時渡りの迷宮」が手強い。
 遊び方はこうだ。まず、ヨッチ族を集める。ゲーム内で拾ったり、すれ違い通信で手に入る。彼らを引き連れて、サイドビューの迷宮にもぐるのだが、これがまあとにかく弱い。ぽこぽこ死んでいく。お前らはレミングスか。死んだヨッチは一応復活させることができるのだが、非常に値が張るので基本使い捨てになる。人のいいヨッチを大量に殺傷するのは、あまり気分のいいものではない。
 それでももぐり続けるのは、報酬が魅力的だからである。「時渡りの迷宮」から「冒険の書の合言葉」を持ち帰ると、シリーズ過去作をモチーフにしたサブシナリオを楽しむことができるのだ。
dq11042.jpg
 フィールドの見た目や戦闘画面がきちんと古いスタイルになり、BGMもなつかしいものが流れる。
 最初の合言葉「ガライの墓」が、すぐ終わる内容だったので油断していたのだが、他の合言葉では、ダンジョンが丸ごと入っていたり、他の世界と行き来して解かなければいけないものがあるなど、予想以上の作り込み。古くからのファンにとってはこの上ない贈り物だ。
 本編そっちのけでプレイし続けたいが、そのためには「時渡りの迷宮」を深くもぐる必要があり、ヨッチが大量に必要となり、本編を先に進めないと強いヨッチは出てこない。これは厳しい。チートのヨッチを作る人、使う人がいるのもわかる。
posted by Dr.K at 23:43| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: