2018年06月10日

まだまだ登場、ミニゲーム機

 昨年こんな記事を書きましたが、ミニファミコンに続いてミニスーファミも売れ、他社も黙っていられない状況になってきたようです。それでは、楽しみなミニゲーム機をご紹介。

gene4.jpg
 GENERATIONS4。7月5日発売予定。
 このシリーズは、メジャー路線から漏れてしまっているタイトルを集めて復刻してくれるのがよいところ。知名度がないのでそんなに台数は出ないと思いますが、「4」では「エドワードランディ」「トリオ・ザ・パンチ」という曲者が収録されているため、一部の好事家は必ずや買うでしょう。

fcclassicmini-jump-ver.jpg
 ミニファミコン週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン。7月7日発売予定。
 このアイデアには感心しました。レトロゲームの復刻の際、厄介なのは版権の再取得ですが、これなら一気にクリアできますね! ジャンプ50周年と言えば、記念ドラマ「オー・マイ・ジャンプ!」は惨憺たる出来でしたけど、こちらのゲーム群なら大丈夫でしょう。「暗黒神話」がラインアップに入っているのは違和感しかないですけど(笑)

neogeomini.jpg
 NEOGEO mini。今夏発売予定。
 ミニファミコンは、ゲーム機のデザインも魅力でした。だからと言って、アーケード機を再現するのはやり過ぎです。モニターやコントローラーをつなげる仕様なのに、あえて単独でゲームができることにこだわったのは、かつてネオジオポケットを作っていたメーカーのプライドでしょうか。通常版とインターナショナル版とで収録タイトルが異なります。両方にやりたいものがあるので困っちゃうな。

megamini.jpg
 こうなってくると、気になるのは4月に発表だけされているメガドライブミニ。年内発売の予定らしいのですが、いまだ収録タイトルさえ発表されていません。個人的には、末期に発売されて異様なプレミアがついている「コミックスゾーン」や「ジ・ウーズ」あたりを収録してほしいところ。セガならハードのデキはいいはずで、期待してしまいます。
posted by Dr.K at 19:24| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: