2018年06月23日

ジブリの大博覧会

zdh1.jpg
 兵庫県立美術館で開催中の「ジブリの大博覧会展」も、残すところあと1週間。先日、珍しく平日が休みとなったため、行ってきました。土日でなければ空いているだろう、という予測を裏切って、入場券売り場から長蛇の列です。やはりジブリの人気は、ケタが違いますね。赤ちゃん連れからお年寄りまで、あらゆる年齢層の人が来ています。さらに、どこかの学校が団体で見学に来ていて大賑わい。国民的アニメとはこういうことか、と実感しました。
 展示内容は、宮崎駿の仕事は他で知っているでしょうということなのか、ポスターやコピーなど宣伝面が中心となるユニークな視点。特に、鈴木プロデューサーと糸井重里のやりとりが書面で残っており、面白かったです。また、後半は航空機にスポットをあてた展示となっており、タイガーモス号の模型は雰囲気が良かったです。
 出口のグッズショップでは、案の定トトロやジジのアイテムが飛ぶように売れていましたが、個人的に気になったのがネタ系のシャツ。「ここで働かせてください」Tシャツは、就活のお供にいかがでしょうかね。
zdh2.jpg
posted by Dr.K at 23:43| Comment(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: