2018年08月25日

ドラマ「この世界の片隅に」 第六話

 空襲をきっかけに、物語は暗転。

 花見に行った公園で、すずさんはリンと会う。映画では省略されたエピソードなので、こうして美しく映像化されると感慨深い。リンとの話の中で、すずさんは、雪の日にザボンをあげた遊女テルが死んだことを知る。ここで、テルの死に際を映すような無粋な演出をしないところがいい。
 呉の工場が爆撃にあい、義父の安否がわからなくなる。時を同じくして、周作が武官に配置替えとなり、教練のため家を離れることに。北條家は男手を失う。
 ここでいきなり現代編が挿入される。すずさんの家で古民家カフェを開きたいという佳代に、北條節子は賛成し、イメージ画まで描いてきた。絵をほめる佳代に、節子は「お母ちゃんから習ったから」と話す。これで節子の正体はおおよそ分かったが、こうなってくると節子に家族はいないのかと気になる。現代までの顛末が、いつか説明されるのだろうか。暗い話ばかりなのを避けたいのはわかるが、どうにも現代編のトーンは浮いている。
 義父の消息が分かり、見舞いに向かう途中ですずさんと晴美は空襲にあう。原作では、義父を見舞ってから空襲だったのだが、この変更、何か今後に影響するだろうか。壕から出たすずは、晴美の背後に不発弾を見つけるが、逃げる間もなく爆発が起こる。ここで次回に続く、はあまりに酷。さらに、次はアジア大会の関係で二週間後となるのでさらに酷だ。
 その日は着々と近づいている。どのような演技、演出で見せるのか期待したい。
posted by Dr.K at 20:32| Comment(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: