2018年10月07日

気になる女優のゲームなお仕事

 先月で、夏のドラマは終了しましたが、作中で気になる女優さんが何人か登場しました。調べてみると、その経歴の中に意外なお仕事が。

●松本まりか
mmarika.jpg
 金、入ってないんですけどぉ〜!
 「健康で文化的な最低限度の生活」は、吉岡里帆演じる新人ケースワーカーの奮闘を描くドラマ。生活保護を止められてキレる母親役が、松本まりかでした。最終回直前での登場でしたが、インパクトありましたね。猫なで声から一転のヤカラ演技に、ネットではラスボス呼ばわりされるほどでした。
 そんな松本まりかですが、かつては声優の仕事も多く、FFXではリュックの声を担当しています。
ffx.jpg
 曲者としてブレイクしたのは今年かららしいので、息の長い活躍が期待できそうです。

●木南晴夏
hagetaka.jpg
 「ハゲタカ」は、投資ファンドを題材にしたドラマ。主役の綾野剛が力み過ぎて変な人でしたが、まあそれは置いておきます。
 木南晴夏は、沢尻エリカ演じるホテル社長の妹役です。放漫経営の元凶となる一人だったのですが、改心して姉の下で副支配人(?)を担うようになります。この間、別人のように演技が変わるんですよね。どんな役をやっても印象に残るので、正直名脇役と言っていいと思います。
 実は女優になって間もない頃に、「グランディア3」のヒロイン、アルフィナを演じています。
grandia3.jpg
 このゲームのシナリオは悪評が高く、アルフィナの声も極端な棒読みでした。
 演技派に成長した木南さん、どこかでもう一度声の仕事を見てみたい気もします。

●谷花音
tanikanon.jpg
 夏ドラマの話題ではありませんが、ついでに谷花音。写真は、「全開ガール」でセレブなクソガキを演じた時のものですが、「君の名は」の四葉役と言った方が通りがいいかもしれません。子役として多数のドラマやCMに出演していますが、実は一本だけゲームに出ています。
victoria.jpg
 それが「ブレイブリーデフォルト」のヴィクトリアです。幼女を演じられる大人の声優なんていくらでもいると思うのですが、なぜリアルに幼い谷花音を起用したのか謎です。ヴィクトリアは、人間性を持たない外道な悪役でしたから、「花音ちゃんにこんなひどい言葉を読ませるなんて!」と、ファンがドン引きしていたのを覚えています。

 以上、意外な女優さんの意外なお仕事でした。他にもご存知でしたら、コメント欄にてお知らせください。
posted by Dr.K at 12:57| Comment(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: