2018年10月28日

早く人間になりたい! 「Detroit: Become Human」その5

 全主人公生存を達成し、放置していた「Detroit: Become Human」。このたび、冒頭からやり直した。別のエンディングを見るためだけなら、途中からのプレイでもよいのだが、何しろ作りこみがすごいと評判のゲーム。久しぶりに最初からやれば何か発見があるかも、くらいの気持ちだったが、予想をはるかに上回る成果が得られた。

(以下ネタバレとなるので注意)

●コナー編 目標:〈最終任務〉ルートへ
 冒頭の人質事件。初回プレイでは緊張感に流されるままにクリアしてしまったが、落ち着いて調べると、現場に多数の情報が残っている。入口の熱帯魚とかすっかり無視してた、焦りすぎ(笑)。前回はSWATが犯人を射殺するという結末だったが、今回は何がどう違ったのか、コナーが犯人と共にビルから落ちるという幕切れに。これはこれでヒーローっぽい。
dbh051.jpg
 驚いたことに、コナーが死ぬと、アマンダの庭園に墓が建つ。しくじりまくると墓石が並ぶのか? 怖えなあ。結末で探すことになるバックドア施設が、最初から存在することも初めて気が付いた。
 以前のプレイでは〈サイバーライフタワー〉ルートだったので、今回は〈最終任務〉ルートを目指す。カムスキーの屋敷ではクロエを躊躇なく撃ち、ジェリコでは変異しないを選択。
 最終任務、マーカスの革命の裏でこんな事が起こっていたのか、という熱い展開に感動。さすがにハンクを殺すのは忍びないので、QTEを意図的にしくじってコナーが死ぬ方を選ぶ。

●マーカス編 目標:武力革命
 カールに絵を描くよう言われる場面、選択肢が色々あるので、違う絵を描いてみた。
dbh052.jpg
カールを敬愛しすぎ。カールが死ぬ分岐もあるらしいが、これではとても選べない。
 サイバーライフ倉庫から資材を奪う場面。トラックのキーを盗む必要があるが、前回のプレイでは外で物音を立て、警備員の注意をそらした。ところが今回は、警備員を銃で脅すという展開に。複数の方法があるとは思わなかった。
 TV局では、逃げる局員を撃ったら通報されず、全員が帰還。サイモンが無事で済むルートがあったとは驚き。ジェリコの幹部は、ノースは攻撃的すぎるしジョッシュは消極的すぎる。頼りにしてるぜサイモン。
 デモ行進の場面では、警官隊を攻撃。世論は下がるが、どうせ武力革命を目指すのでこれでいいのだ。
 前回のプレイでは、〈武力革命〉ルートで何度も突破に失敗し、仕方なく〈平和デモ〉でやり直したという経緯がある。ところが今回は、一発でバリケード突破。サイモンが生きていたおかげか、それとも何か他の原因があるのだろうか。コナーとのラストバトルは映画的で素晴らしかった。

●カーラ編 目標:〈リコールセンター〉ルートへ
 再プレイの最大の理由は、リコールセンターを一度は見ておくべき、とある人から力説されたから。カーラ編は、それ以外も最も変化が大きく、繰り返す価値があった。
 まず、トッドの家からの脱出だが、初回は窓からあっさり逃げられたのに対し、今回は何をしくじったのか捕まってしまった。そのため、アリスがトッドを撃つというひどい結果に…。これで以前のような和解エンドはなくなってしまった。
 逃走中、前回は廃屋に泊まったが、今回はモーテルを目指す。服を盗んだり、強盗したりと、新しい展開を楽しんだ。
dbh053.jpg
 ズラトコの屋敷では、今回は火をかけずに逃げる。アンドロイドたちはあそこに住み続けるのだろうか。
 ジェリコ脱出の後、バス停を目指すことになるが、国境越えのルートは前回プレイ済み。途中でルーサーを助け、そのあとわざと見つかって捕まった。いよいよリコールセンターだ。確かにこれはインパクトがある。人権がない、ということが見事に視覚化されている。まるでアウシュビッツだ。みんな素体に戻っているので、知り合いが混ざっていてもちっともわからない。ここで仕事を引き受けたらとんでもない選択が出てきた。
dbh054.jpg
こんなの100回やったって〇を選べるわけないだろ!
 無慈悲に処分が進み、いよいよカーラたちの番となったその時、マーカスの革命により命が助かる。これはもちろんマーカスの側で革命ルートが選ばれ、成功していないと起こらない。映画だとよくある演出だが、自分で作った結末なので感慨深い。コナーだけは完全に敵になっちゃうけど。
 エンディング、マーカスの演説を聞くのはリコールセンターのアンドロイドたちだ。素体のままなので異様な風景なのだが、もう人間のマネをするのはやめた、という決意の表れなのかもしれない。

 前回の結末より、ずいぶん辛口になったが、これはこれで完成度の高い組み合わせだと思う。「デトロイト」のシナリオの作りこみ、恐るべし。
posted by Dr.K at 13:36| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: