2018年12月08日

「カプコン ベルトアクション コレクション」奇跡の降臨。

cbac.jpg
 平成も終わろうかというこの年に、お家で「パワードギア」の3人プレイが楽しめる。奇跡としか思えない。「スマブラ」なんか買ってる場合じゃねえ!

 「カプコン ベルトアクション コレクション」は、かつてアーケードを賑わせたアクションゲームを7本収録。特に、「パワードギア」「バトルサーキット」は初の移植となる。実はダウンロード版は、9月に配信されていたのだが、パッケージが好きな私は12月まで待機。復刻版インストカード狙いで、うっかり「コレクターズ・ボックス」を予約したら、同梱のポスターセットのせいで箱が巨大なのが誤算であった。また、マルチプレイでわちゃわちゃやるのが楽しいタイトルなので、Swich版を選んだ。

 平日の夜に、集まってゲームを楽しむなど社会人には不可能。しかし、このコレクションにはオンラインモードがある。誰かが遊んでいるゲームに途中から乱入しても良いし、一人でスタートして乱入を待っても良い。他の本格的オンラインゲームと違って、適当で気軽なのが良い。回線の影響か、ラグがひどくてガクガクになることもしばしばだが、敵をボコっていれば良い大味なゲームなのでそれほど目くじらを立てる必要もない。

 特に、「パワードギア」は、ソロプレイだと合体モードが出ないため魅力が半減する。オンラインの力を借りて、あのメチャクチャさを再び楽しめるとは、本当に奇跡である。
 他のファンも言っているが、ベルトアクションの最高峰である「パニッシャー」や「エイリアンVSプレデター」が入っていないのはつくづく残念。版権の都合なのは分かるが、Vol.2を作って収録してほしいなあ。
posted by Dr.K at 10:54| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: