2018年12月25日

珍品堂が勧める2018年のコミックベスト3

 私は田中圭一のファンなのですが、マイナーすぎて過去作の入手が難しいのが困りもの。ところが、昨年の「うつヌケ」のヒットで、絶版だった「サラリーマン田中K一がゆく!」「マンガ家田中K一がゆく!」の新装版が登場。ようやくこれらを読むことができました。なお、今年の作品ではないのでランキングからは除いています。

第3位 アサイ「木根さんの1人でキネマ」
 こんなに続くとは、作者も予想していなかったのではないでしょうか。脇役のレギュラー化や新キャラの追加で長期化対策を講じていますが、果たしてどこまでもつか? 次巻では「ボヘミアン・ラプソディ」あたりいかがでしょう。

第2位 木城ゆきと「銃夢 火星戦記」
 ムスター編は面白かった! ガリィの出自も明かされ、これからどうなるのか楽しみです。一方、映画化に合わせて、無印「銃夢」が何度目かの新装版を出していますが、同じものを何回も出版されてもどうかと思います。

singeki26.jpg第1位 諌山創「進撃の巨人」
 今年は25〜27巻の3冊をリリース。予想外の内容で面白い。しかし、壁外での戦いを描いた後、そこに至る顛末に遡る内容になっており、非常に話が入り組んできています。最終的な決着が近づいている雰囲気なのに、なかなか先に進まなくてもどかしい。アニメ化の際にはかなり整理が必要でしょうね。
posted by Dr.K at 23:46| Comment(0) | 手塚治虫 変容と異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: