2019年01月01日

2019年

 あけましておめでとうございます。

kohaku18.jpg
 いや〜、昨日の紅白はすごかったですね。最後に登場したサザンオールスターズが、北島三郎やユーミンも巻き込んで大騒ぎ。観客が総立ちになっている紅白なんて初めてじゃないでしょうか。悪いことも多かった昨年ですが、いい厄払いになりました。
 平成最後の紅白だったわけですが、平成を代表する歌手ということなら、もっと他にふさわしい人がいます。でもSMAPは解散しましたし、安室奈美恵は引退しました。結果、昭和から活躍してきた大ベテランが貫禄を見せることになり、ああ、昭和が終わるなあ、という間違った感覚が残りました。
 次の元号は何でしょうか。本年もよろしくお願いいたします。
posted by Dr.K at 23:51| Comment(2) | 講師の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
普段、家族が観る紅白を横目で覗く程度でしか興味のない私ですが、
このエンディングはなかなか衝撃でした。
ユーミンが桑田さんのほっぺにチューをし「胸騒ぎ腰つき〜♪」と歌いながら二人で腰を振る様は、紅白でこれが許されるのか!という衝撃とともに、最高に楽しかったです。
個人的に勝手に理想を求めると、東京オリンピックの開会式は桑田佳祐と北野武がユーモアも芸術と古典で盛り上げる様をみて見たいという想いを強くしました。

Posted by うみのね at 2019年01月02日 00:25
国際的知名度という点では、北野武や宮崎駿が一番かと思いますが、
どちらもお上に従うタイプじゃないので、どうでしょうね(笑)
Posted by Dr.K at 2019年01月02日 09:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: