2019年03月10日

アリータ: バトル・エンジェル

 よくぞ、よくぞここまでのものを作りあげてくださった! 「銃夢」ファンとしては感謝の言葉しかない。

 まず主人公のアリータが良い。予告やポスターでは大きな目が不気味だったが、本編を観ると全然大丈夫。「アバター」で青い宇宙人にだんだん慣れたのと同じような現象が起こる。これは製作のジェームズ・キャメロンの計算なのだろうか。「アバター」の時よりもCGのキャラが俳優と違和感なく絡んでいて、技術に長足の進歩が感じられる。
 映画の冒頭は、原作と同様、アリータが拾われ、目覚めるところから始まる。アップの映像が多くなるが、3Dで観ると質感に加えて立体感までもが伝わるので、VR一歩手前の存在感が味わえる。アリータの可愛さもマシマシである。

 次に風景が素晴らしい。原作では、スラムの上に空中都市が浮かぶビジュアルが、読者を一瞬で虜にした。映画でもそれが忠実に再現されており、これこれ、これが観たかったんだと大いに満足できる。途中で「君の名は」の「前前前世」みたいになるのはどうかと思うけど。(アリータの吹替は三葉と同じ人なのでますますそう思う)
 なお、3Dで観た場合、主観映像こそないものの、アイアンシティに迷い込んだような臨場感が付加される。

 さらにアクションが極まっている。アリータの機甲術、ザパンのダマスカスブレード、イドのロケットハンマーなど、原作通りの名称が付いた技や武器に、この映画ならではのリアリティで動きが付くのだからたまらない。未来の競技であるモーターボールの迫力も凄まじい。
 3Dだと立体感の分情報量が増え、さらに迫力あるアクション映像を楽しむことができる。

 以上でたびたび書いたように、「アリータ」は、「アバター」「ゼロ・グラビティ」と並ぶ、3Dで観るべき映画だ。だが残念なことに、ほとんどの映画館で3D上映が終了してしまっている。「スパイダーマン」が控えているせいとは言え、なんたる不遇!

 さて、「銃夢」のファンとしては、あまりにもクレイジーなノヴァ教授がどのように描かれるのかが気になるところ。「アリータ」では、ノヴァは様々な人物の意識をジャックして、アイアンシティを監視しているという設定だ。これなら本人は登場する必要がない。出ないのか、残念だなあ、と思って見ていたら、最後の最後、原作通りのメガネで現れた! 本当に忠実に作ってくれたなあ、と感激である。

 文句を付けるとすれば、邦題に「銃夢」と入っていないことと、あまりに未完であること。長い原作をほとんど省略しておらず、続編の余地だらけだ。モーターボールの本戦が始まれば、ジャシュガンとの対決が待っている。ザパンもちゃんと復讐の機会を残している。何より、ノヴァとの対面が控えているのだ。ザレムが観たい! とアイアンシティの住民のような気持になる。

映像美 9
原作リスペクト度 10
続編必要度 9
個人的総合 9

他の方の注目すべき批評
忍之閻魔帳:バーチャルボーイはひどい。
映画にわか:「FF7」のミッドガルとの類似を指摘。
posted by Dr.K at 23:38| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: