2019年03月21日

ハード争ってる場合じゃねぇ! Googleが「STADIA」を発表


 米サンフランシスコで開催中のGDCにて、Googleが新しいゲームプラットフォームを発表した。新ハードではなく、クラウドゲーミングサービスの一種なのだが、未来を行き過ぎていて今年から試験運用が始まるとはとても信じられない。

 かつてPS4を初めて触ったとき、私はShareボタンの機能に感心した。PCがなくても、プレイ中のゲームを簡単に動画配信できる。便利だなあ、これでますますプレイ動画が流行るなあ。
 ところが、「STADIA」はその逆。YouTubeの動画からクリック一つでそのゲームを遊べる。クラウドなのでダウンロード不要、ゲーム機も不要である。手軽過ぎて恐ろしい。
 これが普及すると、もはやゲーム機はいらない。ゲーミングPCもいらない。そしてもちろんパッケージ販売もなくなる。ハードとソフトを購入する必要があるのは、対戦ゲームなど即応性にこだわった一部のゲームだけになっていくかもしれない。任天堂やソニーはもちろん、STEAMもEpicGamesも商売あがったりである。

 とはいえ、いまだ日本でのサービスは未定。気になる価格も未発表。ハイエンドのゲームを動かすとなると、運営側も相当コストがかかると思われ、スマホアプリのようになんでも基本無料、とはいくまい。欧米での試験運用の結果に注目していきたい。



posted by Dr.K at 12:19| Comment(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: