2019年04月21日

心ガ叫ビタガッテルンダ 「NieR Automata」その3

niera031.jpg
 Bエンド到達。さあ2周目だ、とプレイ開始してみたら、いきなりザコ敵を操作させられる。まさか敵視点のゲームになるのか? と戸惑うが、例によって意地の悪い演出であり、実際は9Sの物語となる。

niera032.jpg
 9Sは支援型のアンドロイドであり、通常の戦闘のほか、敵にハッキングを仕掛けることができる。ハッキングを開始すると、画面はシームレスに抽象的なシューティングモードに切り替わる。コアを破壊すればハッキング成功となる。
 何しろ唐突にゲームが変わるので、慣れないうちは攻撃を食らいがち。敵を狙うのが難しく、四苦八苦した。しばらくプレイしたのち、3Dゲーム時の戦闘と同様、ロックオンが可能と分かり、突然楽勝になって助かった。

※以下はネタバレを含むので注意

 ストーリーも単なる繰り返しではなく、2Bと別行動になっていた時の9Sの様子を明らかにして興味を繋いでいる。唐突に挿入される絵本や、アダムとイブの挿話も効果的である。そして、ヨルハ部隊の真相を2Bより先に彼が知ってしまう。これから一体どうなるのか。盛り上がったところでこの周はエンディングとなる。

niera033.jpg
 すでに見た結末だが、2周目では幽霊のような誰かが見ている! 怖い! 次の周回で何か種明かしがあるのだろうか。
posted by Dr.K at 15:57| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: