2019年05月06日

名探偵ピカチュウ

 初めて劇場で観るポケモン映画がこれで、どうもすみません。

 長年ゲームで積み重ねられた設定があるので、新しく映画を作ろうとしても色々と窮屈なはず。ところがこれは、びっくりするほど自由です。
 冒頭、主人公というにはあまりにさえない、保険会社勤務の青年ティムが登場。この世界では、ポケモンを持っていないと肩身が狭いようで、友人に誘われ渋々のポケモンハンティングです。いい大人がモンスターボールを投げる滑稽さ、そして初登場のポケモンがカラカラという微妙さ(笑)。「お前にはカラカラで十分だ」と盛大にディスられているようで、笑ってしまいます。
 直後に父の事故死が伝えられ、ティムはライムシティへ。ライムシティは、バトルもトレーナーもモンスターボールもない、人とポケモンが共存する理想郷、と説明されます。「ポケモン」のゲームが持つ仕組みを全否定し、ここからは好きに作るぜ、と宣言しているわけです。事故を捜査した警官役の渡辺謙に「少しは仕事選べよ」と思ったり、満を持して登場したピカチュウの声が西島秀俊でずっこけたりと、あれよあれよという間に話は進んでいきます。
 ポケモンとしての制約からは自由なこの映画ですが、決していい加減なストーリーではなく、ハリウッド映画として緻密に組み立てられた構造を持ちます。話の主軸になるのは、ティムと父の親子関係ですが、それは敵側となるハワードとロジャーの親子関係と対比されて描かれます。笑いありアクションありで、飽きさせない展開もさすが。悪役のスケールが大きすぎて人類補完計画みたいになっているのはご愛敬(笑) 張られた伏線はすべて明確に回収されますが、続編作れないですよね、これ。もうすこしこのオッサン声のピカチュウを見ていたかったです。

 エンドロールは、ポケモンの絵柄でキャストが紹介されるので必見。ポケモンが世界に通用していることが伝わって感動しますよ。

西島秀俊の演技 8
竹内涼真の演技 4
バリヤードの演技 10
個人的総合 7
posted by Dr.K at 22:27| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: