2019年06月23日

宇宙イカ革命「Splatoon2」 その23

spla2231.jpg
 先日のフェスでは、ヒメの側が3項目のすべてを抑えて完勝。珍しい。

 前回と異なり、ミステリーゾーンはおとなしい印象のステージだった。ヒーローモードでお馴染みのピロピロが登場。派手なギミックなのだが、これを動かすと、次に行こうとする場所がバレバレである。集中砲火を食らわないように、互いに牽制する展開が増え、なんだか息詰まる試合になってしまった。

 さて、「Splatoon2」も発売から2年が経ち、来月ついにラストフェスを迎える。長くプレイしてきたこのゲームも一区切りだ。しかるに、このラスト手前のフェスが、「酢豚にパインはあり・なし」などというチンケなお題なのはいかがなものか。あり派が完敗だから文句を言っているわけではないぞ。
spla2232.jpg
まあ、こんな風に全力で決意表明しているプレイヤーもいるので、対決としては盛り上がっていたのかもしれないが。
posted by Dr.K at 23:33| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: