2019年08月25日

FIRE EMBLEM 百花繚乱 その4

 第二部に入り、各キャラの支援レベルも上がってきた。
 支援レベルとは、キャラクター同士の絆を示すパラメーター。これが向上すると、戦闘中にそのキャラを近くに置くことで付加価値が発生する。また、恋愛ゲームにおける好感度のような役目もあり、主人公とのスペシャルエンディングに関わるほか、仲間同士でカップリングが発生したりもする。支援レベルが上がるたびに、支援会話と呼ばれるミニストーリーが挟まり、キャラの掛け合いを楽しむことができる。
 このシリーズのプレイヤーにとっては、ただ最後の敵に勝つのではなく、贔屓のキャラクターとスペシャルエンディングを迎えるというのが重大な目標となる。

 「風花雪月」は、この支援会話が素晴らしい。
 そもそもボリュームがある。過去のどのファイアーエムブレムよりも長いと思う。
 そして、内容が良い。今まで通りの他愛のないやり取りももちろんあるが、キャラの背景を掘り下げたドラマ性の高い話がいくつもある。世界観の謎に迫る内容もかなり含まれていたのは予想外。支援会話など本編と関係なかろう、とたかをくくっていると痛い目に合う。色々なキャラで支援レベルを上げ、多角的に謎が解き明かされていくのはとても面白い。
 さて、「風花雪月」では、条件を満たせば他クラスの生徒を編入させることができる。私は金鹿クラスでプレイしており、黒鷲からドロテア、青獅子からフェリクスをスカウトできた。すると、驚いたことに彼らにも支援会話があったのである。主人公である先生は、どのクラスでもプレイできる立場なので、全生徒と支援があって当然。ところが、編入した彼らと金鹿の生徒の間にも支援会話が発生した。それどころか、ドロテアとフェリクスという組み合わせまであるではないか。何通りの支援会話が作られているのか、恐ろしい作りこみである。めったに見られない組み合わせもあるんだろうなあ。

fef041.jpg
 なお、フレンとラファエルの支援会話は全く内容がない(笑) でもかわいいので許しちゃう。(画像はクリックで拡大)
posted by Dr.K at 00:33| Comment(2) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今作は物語や世界設定に根差した支援会話が多く
作品に深みを加えているのが凄くイイですね。
(凄い軽いのもありますがw)

また、会食やプレゼントがあるので支援レベルが比較的上げやすく
会話自体見やすいのも個人的にはポイント高いです。
会食も組み合わせや支援レベルによって
特別な会話があるようで「作り込みおかしだろ」
って思いましたが

Posted by torotoro at 2019年08月29日 13:07
いらっしゃいませ。
そちらは二週目突入だそうですね。
私も、別陣営のストーリーが気になるので、いずれ周回しようかと思ってます。

会食や料理、コーラスなんかもバリエーションが豊富で、見ようと思うときりがないですねえ。
Posted by Dr.K at 2019年08月30日 00:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: