2019年08月31日

SwitchにマイクロSDカードを追加。高価い…

 1万円で新作が2本ダウンロードできる、ニンテンドーカタログチケットを買いました。オンライン加入者への特典なのですが、なかなか面白いサービスだと思います。
 ゲームは、「FIRE EMBLEM 風花雪月」「スーパーマリオメーカー2」を選択。さっそくダウンロードしようとしましたが、本体の保存領域が足りなくてできません。ハードディスクを積んでいるPS4と違って、Switch本体にはわずかな容量しかないのです。
 ですが、Switchは、マイクロSDカードを使って容量を追加することができます。さっそく店に足を運びましたが、う〜ん。ゲームを保存するとなると、大容量のものが欲しくなりますが、比例して値段が跳ね上がります。また、長く使うものなので、信頼性の高いメーカー品を選びたいところですが、これがまたお高価い。
 結局、カタログチケットの値下げ分をすっかり吐き出すことになりました。

 いよいよニンテンドースイッチライトも発売が近づいてきましたが、ゲームをたくさんダウンロードしようと思ったら、マイクロSDカードの分がかさんで、安くなかったという結果になる人も多そうです。
posted by Dr.K at 23:58| Comment(2) | 講師の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マイクロSDカード、信頼出来るものを選ぶと尚更高いですねぇ。
私はWii、DSiのころからダウンロードメインのユーザーなのでカードは必須で諦めておりますが、
なけ無しの千円札を握ってゲームを買いにいってた頃を思うと、高いですねぇ。

因みにSwitchのゲームセーブデータは本体メモリに保存されるそうですので、カードが壊れてもゲームデータは再ダウンロードすればいいやと割り切って、中堅どころのカードを使ってます。
Switchの仕様は独自調べなので違ってたらご容赦ください💦
Posted by うみのね at 2019年09月04日 20:52
私も結局安いのにしてしまいました。
ゲームより高くなってしまうと、やはりどうかと思いますね。
Posted by Dr.K at 2019年09月05日 00:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: