2019年09月09日

デレステ4周年の研究レポート イベント編

 前回、ガシャについて書きましたが、トレーニングガシャ機能の追加を完全に見落としていました。明日からは無料分を忘れずに回そうと思います!

●レインボー・カラーズ
dere4th4.jpg
 毎年恒例となった、新衣装の無料配布です。一見するとオーソドックスなデザインですが、なんと、暗いところで光ります! 屋内ライブのMVで映えますね。

●プレミアムカット
dere4th5.jpg
 ガシャ画面のレイアウトが変更になりましたが、加蓮に目パチのアニメーションが入って、気が気じゃありません。プレミアムカットとは、SSRのイラストにアニメーションを追加する機能です。静止画との差は歴然で、ぜひ動かしたくなります。
 しかし、この機能を使うには、該当カード1枚につきプラチナメダルが3枚必要。このメダルは、SSRがだぶってしまった時に貰える救済措置的なアイテムで、120枚ためると好きなSSRと交換できるようになっていました。とはいえ、120枚もだぶるのは重課金ユーザーだけでしょう。私のように半端な枚数のメダル所持者には、プレミアムカットが新しい使い道となりそうです。それで足りなくなって課金が加速しそうなのが怖い

●「デレスポ」配信
dere4th6.jpg
 VR空間でコミュが楽しめる新アプリを配信。客席からステージを見るだけだった「ビューイングレボリューション」と違って、アイドルと同じ空間に身を置くことになるので色々ヤバそう。

●カバー曲追加
dere4th7.jpg
 これ、以前のアンケートが多少は影響しているんでしょうか。なんだか懐かしいラインアップで、プレイヤーの年齢層の高さをうかがわせます。「紅」めっちゃ楽しみなんですけど、あの曲だと、譜面が超難しそう。どうかお手柔らかに。


●ライブカーニバル
dere4th8.jpg
 そして、メインとなるイベントがライブカーニバル。7月に一度行われましたが、あれは4周年へ向けてのテストだったのではとにらんでいます。
 このイベント、デレステの他のイベントとはかなり異質です。
 まず、必要なアイドルの数。他のイベントでは、強い編成を組むためにとっかえひっかえこそしますが、同時に必要な人数は5人で済むことがほとんどでした。
 ところが、「ライブカーニバル」は、最大10のステージを、それぞれ別のアイドルで編成しなければならないので、最低でも50人は要ります。
 次に難易度。他のユーザーとランキングを競うのは大変でしたが、これまでのイベントは基本的にぬるかった。がんばって回数をプレイすることが最も重要であり、難易度Masterでなくても、フルコンボでなくても、最後までプレイすることができました。
 ところが、「ライブカーニバル」は非常にシビアです。S以上のステージに進もうと思ったら、ベストな編成、効果的なスキル、難易度の高い楽曲のすべてを満たさなければなりません。
 総じて、ガチ勢向けであり、私はせっかくの呼び物であるグランドステージを見られない有様です。報酬のガシャは甘めで、すぐ当たるのだけは救いですが。
 編成やスキルを気にせず、かわいい絵を適当に収集して満足していた層は、このイベントにぶん殴られ、現実を突きつけられています。ここで勝負に目覚めて課金に走ってくれれば、このサービスは当分安泰というわけですね! 恐ろしや。
posted by Dr.K at 00:21| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: