2019年12月26日

珍品堂が勧める2019年のTVドラマベスト3

 「グランメゾン東京」、木村拓哉が開き直ってキムタクらしいキャラを演じており、面白いのですがまだ終わってません。12月29日まで放送している連続ドラマなんて珍しいですよね。

第3位 ノーサイド・ゲーム
 また銀行が意地悪するのか! といつもの池井戸ドラマと同じ展開もあるのですが、ラグビー部分が新鮮かつ迫力満点で楽しめました。それもそのはず、選手役の多くをラグビー経験者が演じているのです。米津玄師の歌も非常〜に合っており、毎週クライマックスで盛り上がりました。

第2位 凪のお暇
 OLの凪が、会社を辞めて無職の極貧生活に陥るわけですが、癖のありすぎる人々に囲まれてそれはもう愉快なことになります。見た目も言動も揺れまくる凪を、黒木華が見事に演じていました。一方、その元カレ役となる高橋一生も負けてはいません。表裏のあるやっかいなキャラで楽しませてくれました。

tsggg.jpg第1位 トクサツガガガ
 本編は安っぽくても(笑)、特撮は手を抜かない。東映が本気でヒーローを作り、知る人ぞ知るスーツアクターが本物のアクションを見せてくれます。小芝風花の百面相だけでも楽しいのですが、オタクの何たるかを妥協なくストーリーに落とし込んでおり、別ジャンルのオタクにも納得の内容となっています。


posted by Dr.K at 00:16| Comment(0) | 馬鹿は黙ってろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: