2020年01月19日

震災から25年

 今年は阪神・淡路大震災から25年目。私は現在50歳なので、人生のちょうど真ん中で地震を経験したことになります。当時の家は倒壊しましたが、今も同じ場所に建て直して住んでいます。しかしあれから25年ですか、どうりで家のあちこちにガタが来るわけだ。

 今日は、近くの寺が年に一度の大祭でにぎわっています。
 あの年も、翌日からの大祭に備えて通りでは屋台が準備されていたのですが、地震でそれどころではなくなってしまいました。しかし、いくつかの屋台は営業しており、食べ物をふるまい、人々を元気づける声掛けをしていました。
 毎年お祭りが無事に開かれると、その時のことを思い出します。

posted by Dr.K at 10:28| Comment(0) | 講師の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: