2020年01月22日

シンクロナイズドモンスター

 「レ・ミゼラブル」での熱演で助演女優賞を獲得したアン・ハサウェイが、見るからにしょうもない怪獣映画で、落ちぶれた役をやっている。きっと、悪いプロデューサーに騙されて出演したに違いない。と、思ったらなんとこの映画、アン・ハサウェイが自ら製作総指揮をやっている。なんなの、この人。

 主人公のグロリアは、Webの仕事をクビになったライターで、現在は無職。働かず飲んだくれていたら、彼氏に家から追い出された。田舎に帰って、幼馴染のオスカーと出会い、とりあえず彼のバーで働くことにする。田舎の友達と飲んでだべる、テンションの低いつまらない話だ。
 ところが時を同じくして、韓国のソウルでは大怪獣が出現し、世界的なニュースになっていた。グロリアは、この怪獣の仕草が自分と同じであることに気づく。きっかり朝8時、グロリアが近所の公園に立つと、予想の通り、ソウルに怪獣が現れた。そして、そのことを知ったオスカーが公園に足を踏み入れると、今度は怪獣の隣に巨大ロボットが出現するのだった。

 奇抜な話は興味を引くものの、怪獣のシーンはごくわずか、だいたいは田舎の飲んだくれの映像なので、さえないことこの上ない。酔っぱらいの一挙一動のせいで、ソウルは恐怖に陥れられている。罪悪感に怯えるグロリアと対称的に、オスカーはどんどん自意識を肥大させ、ソウルに被害を出したくなければ俺に従え、とグロリアを脅迫する。
 ここらで、この作品の怪獣が暴力や抑圧のメタファーであることがわかるのだが、だからと言って、グロリアとオスカーだけがこの怪現象を起こせる理由の説明があんな適当とは、開いた口がふさがらない。とはいえ、怪獣ごっこを真剣に演じるアン・ハサウェイなんて、もう二度と見られないので貴重な珍品なのは間違いない。

アイデア 9
盛り上がり 2
邦題 8
個人的総合 3
posted by Dr.K at 21:13| Comment(0) | 映画一刀両断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: