2020年02月24日

FIRE EMBLEM 暗夜行路 その13

fef131.jpg
 「煤闇の章」をクリアした。以下、ネタバレを避けつつ、感想を記す。

●ストーリー
 地下が舞台と聞いていたので、本編で怪しさ全開のまま終わっていた〈闇に蠢く者〉との対決か、と期待していた。ところが実際は、全く違うストーリーだった。先生を掘り下げる重要な話にはなっているが、フェイントもいいところだ(笑)

●難易度
 任天堂のエキスパンション・パス商法には気を付けなければいけない。「ゼルダ」も「スプラトゥーン」も難しかったが、「煤闇の章」もその例に漏れない。ノーマルでも本編のハード並みに歯ごたえがある。特に、ラスボスの攻撃は、かつてないアドリブでの対応力を要求されるもので、うっかりハードにして詰んだプレイヤーもかなりいるのではないか。

●キャラクター
 画像の通り、3クラスの級長が協力して事件に当たる。本編第2部のつらさを経験したプレイヤーにとっては最大のご褒美と言える。
 一方、4人の新キャラも、個性があるだけでなく、戦闘で使って楽しい特徴づけがされておりGood。彼らは、今後は本編でスカウトできるので、支援会話を楽しむためにも、5年後の姿を拝むためにも、またまた本編へ戻る必要がある。

 「風花雪月」本編では、青獅子ルートのプレイがまだである。「煤闇」のキャラを加えてプレイしようと思うが、今はちょっと仕事がたてこんでいるので、時間ができたらチャレンジしたい。
posted by Dr.K at 00:32| Comment(0) | ゲーム百鬼夜行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: